共著 お願いメールの書き方: 英語論文、日本語論文

UB3/english/mail/coauthor

このページの最終更新日: 2020/02/19

  1. 英語文例集
    • 書き出し
    • ・・のデータを論文にまとめました
    • 読んでコメントを下さい
  2. 日本語文例集

広告

文例集: 基本的な部分

なかなかネット上で見つけにくいトピックである。まず coauthor は辞書に載っている単語なので co-author とする必要はなさそう。順番に使えそうな表現を書いてみる。


書き出し

Dear coauthors としても良いが、このメールを送る時点ではまだ承諾されていないので、Dear colleagues とするのが良さそうである。

"agree to be a coauthor" という表現はたくさんみつかるので、依頼の表現と組み合わせて以下のような文章が可能だろう。

  • I am glad if you agree to be a coauthor.
  • It would be grateful if you agree to be a coauthor.
  • I would appreciate it if you agree to be a coauthor.

・・のデータを論文にまとめました

直訳ではないが、次のような表現が使えるだろう。

  • Please find the attached manuscript ...
  • I have attached the draft of ....

読んでコメントを下さい

  • I would appreciate your suggestions and comments.

何日までに返事が欲しいと書いても良いだろう。ちょっと高圧的に聞こえるかもしれないので、相手との関係や書き方をよく考えて。


広告

References



コメント欄

各ページのコメント欄を復活させました。スパム対策のため、以下の禁止ワードが含まれるコメントは表示されないように設定しています。レイアウトなどは引き続き改善していきます。「管理人への質問」「フォーラム」へのバナーも引き続きご利用下さい。

禁止ワード: http, the, м (ロシア語のフォントです)


このページにコメント

Name:


Comment:



これまでに投稿されたコメント

Date Name Comment