macOS Monterey のクリーンインストール記録:
2022 年 5 月

UB3/informatics/mac/log_install_monterey

このページの最終更新日: 2022/06/18

  1. アップデートの概要
  2. iTunes と Music

広告

アップデートの概要: 2022 年 5 月

自宅用メインの Mac がまた遅くなってきた。前回の Big Sur クリーンインストールは 2020 年 12 月だったので、およそ 1 年半。これぐらいの期間でクリーンインストールしておいた方が、快適に使えるような気がする。

TimeMachine を使わなくなって久しい。データは外付け HDD または Dropbox にあり、そこから同期した方が便利。ソフトウェアも再インストールした方がゴミが溜まらなくて良い。

手動で同期しなければならないのは、以下のような項目。

  • Documents フォルダに bioinformatics 関係のデータがあるので、外付け HDD へコピー。
  • Music アプリで、File メニューから「ライブラリを統合 Organize library」。Music/Music/ というパスに Media というフォルダと Music.Library.sumislibrary というファイルがある。Media フォルダの中には、さらに Music および Automatically Add to Music というフォルダがあり、Music の中にアーティスト別のフォルダがあ流という構成になっている。Media を含む Music というフォルダを外付け HDD にバックアップ。
  • Apple ID、Office365、gmail account からサインアウトすべきだったが、これは今回忘れてしまった。

インストール後は、基本的に Mac セットアップのページ に従って設定を進める。今回、メモしておくべき点は次の通り。

  • いろいろ軽くしたいと思い、インストールするソフトの数を減らす。
  • ブラウザは Safari。Google アカウントにログイン。
  • Apple Mail をしばらく使っていたが、は相変わらずダメ。Inbox から他のフォルダにメールを移しても、他のコンピューターの Mail に反映されない。Spark を Apple Store から再びインストール。

テキストエディタ

長い間 html エディタ として Brackets を使っていたが、Adobe によるサポートが打ち切られて困っていた。一度、Visual Studio Code を試したときは、リアルタイムプレビューがリアルタイムでない (何かキーを押さないとプレビューに反映されない) ので Brackets に戻った。あれから約 1 年半、Live Preview という機能が本当にリアルタイムのようなので、Visual Studio Code を試してみる。

Live Preview がどうしても満足できないので、Sublime Text も試す。最終的には、よい機能拡張を見つけられたので Visual Studio Code に落ち着いた。

ターミナルの操作

以下の順にインストール。

  • Homebrew: 同時に Xcode がインストールされる。npm と live server を html エディタの関係でまずインストール。FTP ソフトは引き続き FileZilla を使うことにしたので、結果的にこれらは不要だった。
  • その他、基本的なコマンドラインツールをインストール。seqkit, bowtie2, ImageMagick, etc.

その他、以下のソフトもインストール。

  • Office は前のデバイスを Web からサインアウトして、新たにインストール・
  • ターミナルでの R に続き、R Studio もインストール。

iTunes と Music

以前までのアップデートで、iTunes から iTunes への移行は簡単だった。データは全て Usr/Music/iTunes にあり、初めて iTunes を起動するとこのフォルダが作られる。古い Mac のそのフォルダの中身を全て上書きで新しい Mac に移せばよかった。

しかし、Catalina から iTunes が Music というアプリになっており、フォルダ構造が色々と変わっている。前回は上書きアップデートを行ったため、iTunes_Music などというフォルダができており、これがクリーンインストール後の Music のみのフォルダ構造と一致しないという問題があった。

楽曲と、再生回数や最後に再生した日時などの付属データを移行するには、以下のようにする。

  • iTunes フォルダを丸ごと外付け HDD などにバックアップするが、使うのは一部である。
  • iTunes または Music にアップデートした iTunes では、iTunes というフォルダの中にデータが納められている。iTunes_Media というフォルダに音楽の mp3 ファイルがあり、iTunes_Media/Music/歌手名/アルバム名/曲名.mp3 となっているはず。まずこれを確認。
  • 再生回数などの情報は、iTunes_Library.itl というファイルにある (2)。iTunes_Music_Library.xml というファイルもあるが、これはサードパーティーアプリ用のファイルで、Music や iTunes で使われているわけではないようだ。
  • オプションを押しながら Music を起動すると、ライブラリを選択できる。 ここで上記の iTunes_Library.itl を選択すると、その内容が Music Library.musiclibrary という Music 用のライブラリに変換される。
  • 私の場合は、何かの間違いで Music Library.musiclibrary が変なフォルダに入り込んでしまっていたので、見つけるのに手間取った。しかし、ポイントは 更新日時から最新の Music Library.musiclibrary を見つけ、オプションを押しながらMusic を起動し、これを選択する だけ。

フォルダ構造としては、Music Library.musiclibrary と同じ階層に Media があり、Media の中に /Music/歌手名/アルバム名/曲名.mp3 となっていればよい。


広告

References

  1. macOS Big Sur編 Macのクリーンインストール & 移行アシスタント. Link: Last access 2020/12/08.
  2. Link: Last access 2020/12/09.

コメント欄

各ページのコメント欄を復活させました。スパム対策のため、以下の禁止ワードが含まれるコメントは表示されないように設定しています。レイアウトなどは引き続き改善していきます。「管理人への質問」「フォーラム」へのバナーも引き続きご利用下さい。

禁止ワード: http, the, м (ロシア語のフォントです)


このページにコメント

Name:


Comment:



これまでに投稿されたコメント

Date Name Comment