Consisted of, comprise, compose の違いと使い方
「構成する」という意味で使われる単語

english/dic_word/appreciate
2019/01/15 更新

  1. 概要
  2. consist の用法

広告

概要

このページでは、「構成する、~を成す」という意味の 5 つの動詞について、用法やニュアンスの違いを解説する。まずは下の表に概要をまとめ、さらに個々の単語について 科学論文 から例を拾って解説していく予定。

consist

A consists of B and C で、「A が B および C から構成される」という意味になる。

単純に構成要素を示すニュアンスであり、また「B および C 以外に A の構成要素がない」という含意があるようだ (1)。

受動態の A is consisted of B and C は誤用 である (2)。Google でのヒット件数も多いので、よくある誤用と言える。

compose

consist は「構成される」だが、compose は「構成する」である。したがって、A consists of B and C と同じ内容を表現したい場合、受動態 A is composed of B and C となる。

上記の be consisted of という誤用は、compose との混乱からきていると思われる。

consist に加えて、各構成要素が何らかの過程を経てあるものを構成する、というちょっと複雑なニュアンスもあるらしい (1)。

constitute

A constitutes B では、構成要素というよりは A = B というニュアンスがある (1)。

comprise

多くの場合において consist of と近い意味だが、include の同義語と考えることもできる (1)。

form

各構成要素が、単なる集まり以上のものになっているというニュアンスを含む (1)。


広告

consist の用法

A consists of B and C で「A が B および C から構成される」というのが基本であり、この意味を表すために A is consisted of B and C とするのは誤用である (2)。


広告

コメント欄

フォーラムを作ったので、各ページにあるコメント欄のうち、コメントがついていないものは順次消していきます。今後はフォーラムをご利用下さい。管理人に直接質問したい場合は、下のバナーからブログへ移動してコメントをお願いします。


References

  1. Compose、Comprise、 Consist、Constitute、Form. Link. Last access 2019/01/15.
  2. 【増える誤用 be consisted of】. Link. Last access 2019/01/15.