共分散分析 ANCOVA: 原理、解釈、方法など

UB3/statistics/correlation/ancova

このページの最終更新日: 2022/05/16

  1. 概要: 共分散分析 ANCOVA とは

広告

概要: 共分散分析 ANCOVA とは

共分散分析 ANCOVA (analysis of covariance) とは、分散分析 ANOVA と回帰分析の合わせ技であり、基本的には 群間比較 に使われる統計手法である。

名義尺度が説明変数に入る重回帰分析、と言っても良さそうだ。

  • ANCOVA is a statistical linear model with a continuous outcome variable (quantitative, scaled) and two or more predictor variables where at least one is continuous (quantitative, scaled) and at least one is categorical (nominal, non-scaled).

交絡 confounding とも関係が深いので、このサイトの URL では回帰分析と一緒にまとめられている。


共変量 covariate とは

共変量 covariate は、連続変数でなければいけない (jamovi クイックガイド)。

  • Your dependent variable and covariate variable(s) should be measured on a continuous scale (i.e., they are measured at the interval or ratio level). Examples of variables that meet this criterion include revision time (measured in hours), intelligence (measured using IQ score), exam performance (measured from 0 to 100), weight (measured in kg), and so forth. You can learn more about continuous variables in our article: Types of Variable. As stated earlier, you can have categorical covariates (e.g., a categorical variables such as "gender", which has two categories: "males" and "females"), but the analysis is not usually referred to as an ANCOVA in this situation.

広告


広告

References

  1. 共分散分析 (ANCOVA) とは? 共変量で調整する意味をわかりやすく。いちばんやさしい、医療統計: 内容は役に立ちますが、本文の選択や右クリックを禁じている小賢しいサイトなのでリンクは張りません。

コメント欄

各ページのコメント欄を復活させました。スパム対策のため、以下の禁止ワードが含まれるコメントは表示されないように設定しています。レイアウトなどは引き続き改善していきます。「管理人への質問」「フォーラム」へのバナーも引き続きご利用下さい。

禁止ワード: http, the, м (ロシア語のフォントです)


このページにコメント

Name:


Comment:



これまでに投稿されたコメント

Date Name Comment