Xserver: ウェブサイト運営で最強のパートナー

informatics/html/xserver
2018/09/16 更新


  1. 概要: X サーバーとは
    • サーバー ID とは
  2. ページにパスワードをかける

広告

概要: X server とは

とりあえず、各種設定に関するメモ。内容が増えてきたので noindex タグ を外した。

サーバー ID とは?

X server は、契約時にサーバー ID を決める。これは 契約後に変更できない ので、慎重に決めるべき。

このページ によると、サーバー ID の用途は以下の 3 つ。

  1. X サーバーにログインする際のユーザー名
  2. ウェブサイトのドメイン名
  3. メールアドレスの @ 以下の部分

ただし、独自ドメイン でウェブサイトを公開する場合は、2 と 3 には独自ドメインが使われるので、サーバー ID はあまり重要にならない。


独自ドメインの設定

独自ドメイン をすでに持っている状態で、X サーバーで設定する手順。

  1. サーバーパネルのドメイン設定から、ultrabem.com などのドメインを設定する。
  2. URL, php バージョンなどの確認画面が現われる。必要なら変更。
  3. DNS ネームサーバーなどの設定は、X サーバーでなくドメインの取得元 (ムームードメイン、お名前.comなど) で行う。

お名前.com では、プライマリーネームサーバーに ns1.xserver.jp を、セカンダリーネームサーバーに ns2.xserver.jp を記入するだけだった。


広告

ページにパスワードをかける

ページ閲覧にパスワードをかける方法は、少なくとも以下の 2 通りがある。

  1. 簡易法: このページ にある Javascript を使う。そのページへの リンク に対して制限がかかるようで、URL を直接入力されるとパスワードは要求されない。したがって強い認証ではない。
  2. Basic 認証 (基本認証)。Xserver ではサーバーパネルから指定することができる。特定にユーザーにのみ閲覧を許可する方法で、ユーザー名とパスワードの入力が必要になる。

Basic 認証は、301 リダイレクト などに使われる .htaccess ファイルを使って行うこともできる (1)。


広告

コメント欄

フォーラムを作ったので、各ページにあるコメント欄のうち、コメントがついていないものは順次消していきます。今後はフォーラムをご利用下さい。管理人に直接質問したい場合は、下のバナーからブログへ移動してコメントをお願いします。


References

  1. 「.htaccess」ファイルを設置する (基本認証編)。Link: Last access 2018/04/30.