Mac の diff コマンド: 正規表現、オプションなど

informatics/commands_mac/diff
2018/10/04 更新

  1. 概要: diff の使い方とオプション

広告

概要: diff の使い方とオプション

diff は、ファイルやフォルダの内容を比較し、差分を表示する ターミナル コマンドである。MacLinux で同じように使える。Windows では FC であるが、diff も使えるという情報もある (参考: Win/Mac コマンド比較)。


$ diff file1 file2

という表現が基本で、これにオプションをつけることができる。もちろん、file をパス指定すればどこにあっても比較できる。


-r

ファイルでなくディレクトリを比較。サブディレクトリの中まで再帰的に比較してくれる。q オプションとの組み合わせ -rq でよく使う。

-s

ファイルが互いに違うかどうかのみをチェックする。

-q

ファイルが互いに違うかどうかのみをチェックし、同一の場合は結果を出力しない。



広告

広告

コメント欄

各ページのコメント欄を復活させました。スパム対策のため、以下の禁止ワードが含まれるコメントは表示されないように設定しています。レイアウトなどは引き続き改善していきます。「管理人への質問」「フォーラム」へのバナーも引き続きご利用下さい。

禁止ワード: http, the, м (ロシア語のフォントです)


このページにコメント

Name:


Comment:



これまでに投稿されたコメント

Date Name Comment

References

  1. ファイルの差分を見る!diffコマンドの詳細まとめ【Linuxコマンド集】. Link: Last access 2018/10/04.