Excel の「条件付き書式」が便利:
ヒートマップ、重複データの検出など

UB3/informatics/basics/app_ms_excel_conditional_formatting


  1. ヒートマップの作成
  2. 重複データの検出

広告

ヒートマップの作成

ヒートマップ heat map とは、値を色で表した図のことである。普段は R の image 関数などで作っていたが、実は Excel でも簡単にできる。

例として、まずは RAND 関数で =rand() のように適当な乱数を作る。

Excelでヒートマップを作成する

次に、ヒートマップにしたい領域を選択し、条件付き書式 conditional formatting から Color Scales とし、好みの色を選択。通常は、高い値を赤っぽく、低い値を緑っぽく表示することが多い。

Excelのヒートマップ
広告

重複データの検出

複数のデータの中から、重複しているものを見つけ出したい場合にも conditional formatting は便利である。

したの例では、Group A と Group B で重複する値を表示させている。まず両群を選択し、Highlight Cell Rules から Duplicate Values を選択する。ウィンドウが表示され、どのような色をつけるか設定できる。例はデフォルトのピンク色ハイライト。

Excel 重複データの検出
広告

References

コメント欄

各ページのコメント欄を復活させました。スパム対策のため、以下の禁止ワードが含まれるコメントは表示されないように設定しています。レイアウトなどは引き続き改善していきます。「管理人への質問」「フォーラム」へのバナーも引き続きご利用下さい。

禁止ワード: http, the, м (ロシア語のフォントです)


このページにコメント

Name:


Comment:



これまでに投稿されたコメント

Date Name Comment