Mac の cut コマンド

informatics/commands_mac/cut_mac
10-25-2017 updated

  1. 概要: cut の使い方

広告

概要: cut の使い方

cut は、特定の文字で区切られた項目を分割するコマンドである。ファイルの中から特定の単語を抽出する際にも使うことができる。


オプション一覧

-c

切り出す文字数を指定する。cut -c 20-30 file1 で、file1 の全ての行の 20 - 30 番目の文字が切り出される。

-d

区切り文字を指定する。デフォルトはタブである。タブを区切り文字にしたいときは、このオプション自体が不要なので気をつける。

-f

区切り文字がある場合に、何番目の項目を表示するかを指定する。cut -f 2 file1 で、タブ区切りファイルである file1 の左から 2 番目の項目が出力される。

-s 区切りのない行を無視する。



広告

コメント欄

一言コメントをどうぞ! (基本500字まで - 100字のページもあるかも)



このコメント欄は各ページにあるので、いつ管理人がコメントを見ることになるのか分かりません。内容について質問がある場合は、下のリンク先のフォームから質問頂ければ、早めに返信するようにします。


References

  1. cut、head、tail、sort・・・定番のフィルタコマンドを使いこなす! ~業務でラクするためのUNIXテクニック~ Link: Last access 10/25/2017.