Microsoft Excel: 設定,便利な使い方

informatics/basics/app_ms_excel
7-28-2017 updated


  1. ショートカット
  2. 表示されている数字のままコピーする
  3. セル内で改行する
  4. Mac Textedit の表をエクセルにコピーする
  5. ブログ記事へのリンク

広告

ショートカット

Excel:mac 2011

自分用のメモみたいなもの。OS は MacOS 10.9 Mavericks です。

  • Ctrl + Tab: 複数のファイルを開いている場合の切り替え
  • Command + Option + 十字キー: セルの周りに罫線を追加

Round 関数で表示されている数字のままコピーする

たとえば 1.6568602333 という数字が,セルの表示設定で 1.66 として表示されているとする。これをコピーして,1.66 という値でペーストしたいときには,まず Round 関数 で数字を丸めてコピー,値をペーストすればよい。単純にコピー & ペーストすると,下の方の位までペーストされてしまう。Excel:mac 2011 だが,他のバージョンでもおそらく同じはず。


セル内で改行する

Mac では Command + Control + Enter, Windows では Alt + Enter。


Mac TextEdit の表をエクセルにコピーする

こんな感じで TextEdit で作られている表をエクセルにコピー & ペーストしようとすると,うまく表にならずに,縦一列でペーストされてしまう。

このときは,Word を経由して Excel に移す とうまくいく。つまり,.rtf の拡張子をもつファイルを一度 Word で開き,その表をエクセルにコピー & ペーストするのである。


ブログ等へのリンク



広告

プロットエリアの大きさ

Excel:mac 2011, MacOS 10.9 Mavericks

グラフの大きさを表す概念として,右図のようにグラフエリアとプロットエリアがある。

複数のグラフを並べるときには,もちろん大きさをそろえた方がきれいに見える。

グラフエリアの大きさは,グラフエリアを選択した状態でリボンの Chart - Format から設定することができる。また,グラフエリアのプロパティを開くと,グラフの場所も数字で設定できるので便利である。

しかし,なんとエクセルには plot area の大きさを数字で設定する機能が備わっていない。変更できるマクロもあるようだが (1),同じサイズのグラフを作りたいときの当面の対策としては

  1. 一つグラフを作って,それをコピー & ペーストする。そのグラフに新しいデータを追加する。
  2. パワーポイントに移すときなど,手動でプロットエリアのサイズをいじらない。常にグラフエリアのみサイズを変更する。こうすれば,相対的な大きさは保つことができる。

プロットエリアの背景にパターンを設定して,それを参考にしながら細かく手動で設定するという方法もあるが,相当な手間がかかる。


コメント欄

一言コメントをどうぞ! (基本500字まで - 100字のページもあるかも)



このコメント欄は各ページにあるので、いつ管理人がコメントを見ることになるのか分かりません。内容について質問がある場合は、下のリンク先のフォームから質問頂ければ、早めに返信するようにします。


References

  1. インストラクターのネタ帳. Link.