R p.adjust 関数: オプションと実例

UB3/informatics/r/p_adjust

このページの最終更新日: 2022/05/16

  1. 概要: p.adjust 関数とは

広告

概要: p.adjust 関数とは

p.adjust は、さまざまな方法で p 値を補正する R の関数である。多重比較 のときに重要となる。

p.adjust(p, method = "holm")

のようにして実行する。

p.adjust.methods とすると、選択可能な補正方法のリストをみることができる。

holm

hochberg

hommel

bonferroni

BH

Benjamini and Hochberg (1995) の false discovery rate である (1)。fdr と同じなのか?

BY

fdr

none


p.adjust(p, method = "holm", n = 10)

のようにして n を指定することもできる。n は比較の数であり、R Documentation には「自分が何をしているかわかっている場合のみ、デフォルト以外の数値を使うこと」と書かれている。


広告

References

  1. 多重比較. Link: Last access 2022/05/10.

広告

References

コメント欄

各ページのコメント欄を復活させました。スパム対策のため、以下の禁止ワードが含まれるコメントは表示されないように設定しています。レイアウトなどは引き続き改善していきます。「管理人への質問」「フォーラム」へのバナーも引き続きご利用下さい。

禁止ワード: http, the, м (ロシア語のフォントです)


このページにコメント

Name:


Comment:



これまでに投稿されたコメント

Date Name Comment