Mac setfile コマンド: ファイルの作成・更新日時を変更

UB3/informatics/commands_mac/setfile_mac

このページの最終更新日: 2022/07/26


macOS Sierra を使った場合の記事です。

  1. 概要: setfile の使い方

広告

概要: setfile の使い方

setfile は、Mac でファイルの作成日時や更新日時を変更したいときに使うコマンド (1)。-d オプションで作成日時を、-m オプションで更新日時を変更できる。

$ setfile -d "08/12/2017" filename

のように使う。日付はダブルクオーテーションで囲み、mm/dd/yyyy の形式で指定する。時間はコマンドを実行した時間になるようである。


Developer tool である

このコマンドは Developer tool である。以下のようなエラーメッセージが出たら Developper tool がないということなので、まずこれをインストールする必要がある。

xcrun: error: invalid active developer path (/Library/Developer/CommandLineTools), missing xcrun at: /Library/Developer/CommandLineTools/usr/bin/xcrun

インストールの方法は簡単で、ターミナルで

$ xcode-select --install

とするだけ。その後 Apple Store からインストールまたはアップデートをする必要がある。


広告

References

  1. Mac ファイルの作成日と変更日を変更する。Link: Last access 10/22/2017.

コメント欄

各ページのコメント欄を復活させました。スパム対策のため、以下の禁止ワードが含まれるコメントは表示されないように設定しています。レイアウトなどは引き続き改善していきます。「管理人への質問」「フォーラム」へのバナーも引き続きご利用下さい。

禁止ワード: http, the, м (ロシア語のフォントです)


このページにコメント

Name:


Comment:



これまでに投稿されたコメント

Date Name Comment