Microsoft Word のスタイル: 設定方法、Mac での使い方

UB3/informatics/word_style

このページの最終更新日: 2021/10/08

  1. 概要: Word のスタイルとは
  2. クイックスタイルリストについて
  3. スタイルの情報はどこに保存されるのか
  4. スタイルセットを削除する
  5. スタイルを利用して目次を自動作成する

関連ページ

このページは、とくに Word のスタイルについてのページです。Word 全般、文法チェック、修正履歴モードなどの関連記事は、ページ上の緑のバー「Word 関連」にリンクがあります。


広告

概要: Word のスタイルとは

Word Mac 2011、Office 365 の情報が中心。

スタイル とは、タイトルや見出し heading などの分類のことで、それぞれに特有のフォント、間隔などを割り当てることができる。いくつかのスタイルを集めて スタイルセット を作ることができる。デフォルトで「エレガント」「フォーマル」などのスタイルセットがインストールされている。

クイックスタイルリストについて

Word Mac 2011

以下のウィンドウは、Word Mac 2011 の クイックスタイルリスト である。Word のファイルごとに、特定のクイックスタイルリストが割り当てられており、表示されるようになっている。

たとえば、右端の AA の部分でスタイルセット「エレガント」を選択すると、その文書では「エレガント」がクイックスタイルリストに表示される。つまり クイックスタイルリストとは、「スタイル」でなく「スタイルセット」のリスト のように思える。

Mac Wordのクイックスタイルリスト

Office365

2021 年の情報、Mac。Office365 では、クイックスタイルリストが以下のように変わっている。スタイルセットを変更する AA がなくなり、Styles Pane ができている。スタイルをセットで管理するのをやめた、ということか?

Mac Wordのクイックスタイルリスト

> クイックスタイルリストにスタイルを追加する方法。

  • Mac Office365 では、ドラッグや右クリックではできない。スタイル一覧 (Styles Pane)から「スタイルの変更 (Modify style)」を開くとチェックボックスがある。

スタイル と スタイルセット

スタイルは Heading 1 や No Spacing といった個々のフォント + 設定のこと、上のようにパネルになっているのはスタイルセットである。

  • 新しいスタイルを作りたい場合は、右下コーナーにある旗マークのついたパネルをクリックする。小さなウィンドウが開くので、New から新しいスタイルを作ることができる。
  • 既存のスタイル Heading 1 などをベースにして新しいスタイルを作り、名前をつける。ただし、Heading 1 など既にある名前をつけることはできない。

スタイルの情報はどこに保存されるのか

この状態で Heading 1 などを右クリックから編集すると、そのスタイルセットはもはや「エレガント」ではなくなる。この「modified elegant」の情報は Word 文書とともに保持され、そのファイルを開くとクイックスタイルリストに現れる。

それを 新たなスタイルセットとして保存 しておくと、他の文書で同じスタイルセットを使うことができる。スタイルを編集後に AA のパネルをクリックし、Save As Quick Style Set を選ぶ。自分で作ったスタイルセットは User/Library/Application Support/Microsoft/Office/Style Sets に保存される。

なお、User フォルダ中の Library はデフォルトでは見えないので、オプションを押しながらツールバーの Go を選ぶ。Word デフォルトのスタイルセットには、非常に多くのスタイルが含まれているが、私は 原著論文 執筆用にセットを作って保存している。


広告

スタイルセットを削除する

デフォルトのスタイルセットをそのまま使うケースはほとんどないので、これは削除してしまおう。Mac Word 2011 の場合、スタイルセットは Macintosh HD/Microsoft Office 2011/Office/Media/QuickStyles に入っている。このファイルを削除すればよい。


スタイルを利用して目次を自動作成

Mac 版 Office 365 の場合、References - Table of Contents から目次のフォーマットを選び挿入するだけ。見出しとページ数が一覧で出てくる。

内容を変更したら、Table of Contents から update を選べば良い。

表紙、目次などのページ数と、本文のページ数を別々に設定したい場合も多いだろう。そのようなときは セクション区切り を活用すると便利である。目次ページの下にセクション区切りを挿入すると、それぞれのセクションで別々にページ番号を設定できる。


広告

References

コメント欄

各ページのコメント欄を復活させました。スパム対策のため、以下の禁止ワードが含まれるコメントは表示されないように設定しています。レイアウトなどは引き続き改善していきます。「管理人への質問」「フォーラム」へのバナーも引き続きご利用下さい。

禁止ワード: http, the, м (ロシア語のフォントです)


このページにコメント

Name:


Comment:



これまでに投稿されたコメント

Date Name Comment