Microsoft Word: 設定、便利な使い方

UB3/informatics/word

このページの最終更新日: 2022/07/26

  1. レイアウト関連
    • 段落前後の間隔の調節
    • ポイントと行数/インチの換算
  2. その他設定
    • 表にヘッダーを加える
    • バージョンの確認
    • ファイルを開いたときに Read-only にしない設定
    • 辞書の設定

関連ページ

スタイル、文法チェック、修正履歴モードなどのワード関連記事。ページ上の緑のバー「Word 関連」にリンクがあります。


広告

レイアウト関連

段落前後の間隔の調節

  • Win 2013: Page layout - Spacing - Before and After
  • Mac 2011: まず設定エリアを選択 - Format - Paragraph - Spacing - Before and After

ポイントと行数/インチの換算

英語の文章を書くときに、たまに行間が「**行/インチ」で指定されていることがある。inch という単位も普段使わないし、Word の行間の単位は single とか double とか points とかなので、この換算は非常にストレスフルである。

このページ によると、Word の以下のような仕様がポイントと行数/インチの換算に関係してくる。

  • Times New Roman, Arial などの一般的なフォントでは、Word はフォントサイズの 20% のスペースを行間に自動的に加える。
  • つまり、フォントが 10 ポイントの場合、1 行は 12 ポイントと考えてよい。12 ポイントフォントなら 1 行は約 14 ポイントになる。
  • さらに、1 インチが 72 ポイント と規定されている。ゆえに、10 ポイントフォントでは 6 行/インチとなる。12 ポイントの場合、およそ 5.1 行/インチである。
  • Double space などで行間余白を変更することができる。
  • 「見出し」に使われるようなフォント (Algerian など) には、この 20% ルールは適用されない。

広告

その他

表にヘッダーを加える

鬱陶しいアクセシビリティに関連。リボンからヘッダーを追加しただけでは認識されず、表を選択して右クリック、プロパティを選んで行のところから Repeat as header row at the top of each page にチェックを入れる必要がある。

Mac 版 Office 365 の場合、表を選択すると Table Design というメニューが現れる。Header Row にチェックを入れる。

バージョンの確認

  • File - Account - About Word (Win 2013)

ファイルを開いたときに Read-only モードにしない設定

Windows 7 では、プレビュー表示をオンにしていると「別のアプリケーションがそのファイルを使っている」と解釈され、勝手に read-only モードでファイルが開かれてしまう。プレビューをオフにしておく。


辞書の設定

Mac High Sierra では、システム環境設定 - キーボードからユーザー辞書 (登録単語) を一覧できるが、Word でスペルミスに破線アンダーラインをつけたりするのに使われるのは、Custom Dictionary という別の辞書である。

たとえば学名などにスペルミスを示す波線がついたときに、右クリックで「追加 Add to dictionary」することができる。

Word - Preferences - Spelling Grammar にこの辞書があり、パスが表示されている。~/Library/Group Containers


広告

References

  1. インストラクターのネタ帳. Link.

コメント欄

各ページのコメント欄を復活させました。スパム対策のため、以下の禁止ワードが含まれるコメントは表示されないように設定しています。レイアウトなどは引き続き改善していきます。「管理人への質問」「フォーラム」へのバナーも引き続きご利用下さい。

禁止ワード: http, the, м (ロシア語のフォントです)


このページにコメント

Name:


Comment:



これまでに投稿されたコメント

Date Name Comment