英文法 each と every の使い方:
意味の違い、文例など

UB3/english/dic_word/each_every

このページの最終更新日: 2020/06/17


  1. either の使い方

広告

either の使い方

副詞としての用法

(With negative) Used to indicate a similarity or link with a statement just made (1).

「私も ~ でない」という too の否定文版である。文献 1 には "You don't like him, do you? I don't either" という文章が載っている。これは like him が省略されているので、ちょっと捻った形になっている。以下のような A と B の会話の方がシンプルな例だろう。

  • A: I don't like him.
  • B: I don't like him either.

この場合、either は don't like を修飾しているので、副詞 adverb ということになる。


接続詞としての用法

Oxford 辞典によると "Used before the first of two (or occasionally more) given alternatives (the other being introduced by ‘or’)" とある。

つまり、2 つまたはそれ以上の選択肢が与えられているとき、最初のものの前にくる。2 つ目の選択肢は or のあとにくる。

単語だけでなく、文章をとることができる。この場合は接続詞 conjunction としての用法になる。

  • either I accompany you to your room or I wait here (1)

広告

否定文における either と neither


広告

References

  1. Oxford dictionary, either. Link: Last access 2019/08/12.

コメント欄

各ページのコメント欄を復活させました。スパム対策のため、以下の禁止ワードが含まれるコメントは表示されないように設定しています。レイアウトなどは引き続き改善していきます。「管理人への質問」「フォーラム」へのバナーも引き続きご利用下さい。

禁止ワード: http, the, м (ロシア語のフォントです)


このページにコメント

Name:


Comment:



これまでに投稿されたコメント

Date Name Comment