Mac setfile コマンド: ファイルの作成・更新日時を変更

informatics/commands_mac/setfile_mac
10-22-2017 updated


macOS Sierra を使った場合の記事です。

  1. 概要: setfile の使い方

広告

概要: setfile の使い方

setfile は、Mac でファイルの作成日時や更新日時を変更したいときに使うコマンド (1)。-d オプションで作成日時を、-m オプションで更新日時を変更できる。

$ setfile -d "08/12/2017" filename

のように使う。日付はダブルクオーテーションで囲み、mm/dd/yyyy の形式で指定する。時間はコマンドを実行した時間になるようである。


Developer tool である

このコマンドは Developer tool である。以下のようなエラーメッセージが出たら Developper tool がないということなので、まずこれをインストールする必要がある。

xcrun: error: invalid active developer path (/Library/Developer/CommandLineTools), missing xcrun at: /Library/Developer/CommandLineTools/usr/bin/xcrun

インストールの方法は簡単で、ターミナルで

$ xcode-select --install

とするだけ。その後 Apple Store からインストールまたはアップデートをする必要がある。


広告

コメント欄

一言コメントをどうぞ! (基本500字まで - 100字のページもあるかも)



フォーラムを作ったので、各ページにあるコメント欄のうち、コメントがついていないものは順次消していきます。今後はフォーラムをご利用下さい。管理人に直接質問したい場合は、下のバナーからブログへ移動してコメントをお願いします。


References

  1. Mac ファイルの作成日と変更日を変更する。Link: Last access 10/22/2017.