英会話: 数字,単位,専門用語などの正しい読み方

english/speaking/scientific_words
9-29-2017 updated

  1. 数字に関する表現
  2. 元素や化学物質の名前
    • 「ア」を「エイ」と発音するもの
    • 「イ」を「アイ」と発音するもの
  3. その他未整理

広告

数字に関する表現


読み方 コメント
1.4 one point four 小数点は point と読み,あとは数字を列挙
2/3
分数, 3 分の 2
two third 日本語と反対で 分子を先に読む
27/13
分数
twenty-seven over thirteen

数が大きいなどで th による表現がわかりにくい場合,over を使うことができる。非常に実践的でよく耳にする。文字式などの場合にも有効。

102
指数
ten squared 指数表現の特殊例,2 乗の場合は squared
103
指数
ten cubed 指数表現の特殊例,3 乗の場合は cubed
104
指数
ten to the forth (power) 一般には to the ...th とする。

単位

読み方 コメント
Å angstrom [æŋstrəm] 日本語ではオングストローム,0.1 nm。
  • 細胞膜の厚さ 60 - 100 Å = 6 - 10 nm
mmHg

millimeter of mercury


広告

元素や化学物質の名前

主にカタカナとの発音に違いに着目して整理しています。大体の単語は Oxford Dictionary で音声が聞けます。

「ア」を「エイ」と発音するもの

アミン
[eɪmiːn] 「エイミーン」。ただしアミノ酸の「アミノ」は「エイミノ」にはならない。

「イ」を「アイ」と発音するもの

物質 発音記号 コメント
アミド
Amide
[amʌid] or [eimʌid] 「アマイド」または「エイマイド」,頭にアクセント。
リボース
Ribose
[rʌibəus] DNA, RNA を構成する糖。
チオール
Thiol
ʌiɑl] Mercapro group -SH (also called thiol group) をもつ物質の総称。
デヒドロゲナーゼ
Dehydrogenese
[diːhʌidrɑdʒəneiz]

アクセントの位置,「デ」ではないなど注意点多数。ɑ の部分のアクセントはあまり強くない。むしろ長く伸ばす感じ。

ɑ は「オ」よりも「ア」に近いことに注意しよう (参考: ɑ の発音)。Phospholyrase などこのような例は非常に多く, o のスペルは基本的に ɑ の音であると思っておいたほうがむしろ英語っぽく喋れる。

チラコイド
Thylakoid
ʌiləkɔid] 葉緑体の部分構造。
シアノバクテリア
Cyanobacteria
[sʌiənəubaktriə]

細胞内共生 endosymbiosys で葉緑体の起源になったと思われるバクテリア。

Symbiosis は [simbiəusis] [simbʌiəusis] のどちらでもよいが,symbiotic は [simbiɑtik] しか辞書に載っていない。i で覚えるのが良さそうである。

イオン: ion
カチオン: cation
アニオン: anion

[æiən]
[kætaiən]
[ænaiən]

アクセントの位置に注意。cation は陽イオン,anion は陰イオンのこと。


その他未整理

物質 発音記号 コメント

アセチル
Acetyl

[æsətl]

「チ」の音は英語には入らない。後半の母音を発音しないケース に相当する。

ヘリウム
Helium

[hiːliəm]

「ヘリ」でなく「ヒーリ」。希ガス,吸うと声が変になる。液体ヘリウムは液体窒素よりも低温で,MRI などで超電導状態を保つために使われる。

マグネシウム
Magnesium

[mægniːsiəm]

「マグニージアム」みたいな感じ。ヘリウムの発音と通じるところがあるだろう。

ムターゼ
Mutase

[mjuːteiz]

分子内で phosphate group などを他の場所へ付け替える酵素。

ペルオキシソーム
Peroxisome

[pərɑksisəum]

カタカナで書くなら「ペラクシサウム」が近いか。

染色体
Chromosome

[krouməsoum]

二重母音 ou が 2 つある。mitosis [maitousəs], miosis [meiousis] も同様に ou の発音である。

Haploid
Diploid

[hæplɔid]
[diplɔid]

「ダイプロイド」ではないことと,口を大きく開く ɔ の音 であることがポイント。

配偶子
Gamete

[gæmiːt]

スペルから推察できる。

菌類
Fungus, Fungi

[fʌŋgəs]
[fʌŋgiː]

複数形の fungi では,最後は「イー」であり「アイ」にはならない。

Fungi, diploid のように「アイと読みそうだけどイのもの」という分類もそのうち作りたい。

プリオン
Prion

ai にはならない。つまり「プライオン」ではなく「プリオン」。


広告

コメント欄

一言コメントをどうぞ! (100 字まで)

References