CBP のタイトルの変遷

english/review/journal_cbp
7-22-2017 updated


概要

あまり医学寄りでない基礎生物学の研究をしている人は,Comparative Biochemistry and Physiology (CBP) という雑誌を引用する機会があるかもしれない。この雑誌はサブタイトルがあり,さらにタイトル,サブタイトルとも年々変わっているので非常にややこしい。このページで整理しておく。情報は Pubmed の NLM catalog から。

1960 - 1970 年 の間は Comp Biochem Physiol という一つの雑誌であり,サブタイトルをもっていなかった。のちに内容に応じて A, B, C の 3 つの雑誌に分割され, 2015 年 5 月現在 では Part A から D の 4 つに分かれている。


A - Physiology 関連

1971 - 1992 年: 正式名は Comparative biochemistry and physiology. A, Comparative physiology,ISO Abbreviation は Comp. Biochem. Physiol. A Comp. Physiol. である。

1994 - 1997 年: Comparative が重なっていることに気づいたためか,サブタイトルが Physiology のみになり,正式名は Comparative biochemistry and physiology. Part A, Physiology,ISO Abbreviation は Comp. Biochem. Physiol. A Physiol. となる。ただし,雑誌のサイトでは comparative という単語はなく,1971 - 1997 年で一区切りになっている。

1998 年: Comparative biochemistry and physiology. Part A, Molecular & integrative physiology という名前に変わり,この名称は 2015 年 5 月現在まで 使われている。

NLM Title Abbreviation は Comp Biochem Physiol A Mol Integr Physiol で Part を含まないが,ISO Abbreviation では Comp. Biochem. Physiol., Part A Mol. Integr. Physiol. のように Part が入る。しかし,以下に見るように Pubmed の情報も案外いい加減である。


B - Biochemistry 関連

1971 - 1993 年: Comparative biochemistry and physiology. B, Comparative Biochemistry.

1994 年: しばらくの期間だけ B が削除されたようで,Comparative biochemistry and physiology. Biochemistry and molecular biology,ISO abbreviation, Comp Biochem Physiol Biochem Mol Biol. となっている。しかし,雑誌のサイトを見ると Part B が残っている ので,次の項目と同じように扱って良さそうである。

1994 年 - 現在: すぐに B が復活し,Comparative biochemistry and physiology. Part B, Biochemistry & molecular biology,ISO abbreviation, Comp. Biochem. Physiol. B, Biochem. Mol. Biol. となる。Part A とは異なり,ISO abbreviation に "Part" が含まれないが,これはさすがに Pubmed のミスではないかと思われる。


C - Pharmacology 関連

1975 - 1982 年: Comparative biochemistry and physiology. C: Comparative pharmacology. コンマがここだけコロンになっているのも,おそらく Pubmed の誤植。

1983 - 1993 年: Comparative biochemistry and physiology. C, Comparative pharmacology and toxicology と,toxicology が加わる。

1994 年: C が消えて内分泌学が加わり,Comparative biochemistry and physiology. Pharmacology, toxicology and endocrinology となる。

1994 年 - 1999 年: すぐに C が復活し,Comparative biochemistry and physiology. Part C, Pharmacology, toxicology & endocrinology に。

2000 年 - 現在: 内分泌学が消えて,Comparative biochemistry and physiology. Toxicology & pharmacology : CBP となる。Part C という文字がないが,Other Title (s) のところで言及されている。Pubmed の情報は,意外と統一がとれていないことがわかる。


D - Genomics 関連

2006 年 - 現在: 2006 年に Comparative biochemistry and physiology. Part D, Genomics & proteomics として創刊されて以来,名称の変更はない。


広告

コメント欄

一言コメントをどうぞ! (100 字まで)

このコメント欄は各ページにあるので、いつ管理人がコメントを見ることになるのか分かりません。内容について質問がある場合は、下のリンク先のフォームから質問頂ければ、早めに返信するようにします。


References

  1. 「インパクトファクター至上主義の弊害」の根は深い. Link: Last access 6/25/2017.