英文法: 形容詞・冠詞・限定詞の順番

english/grammar/adjective_order
9-3-2017 updated

  1. 概要
  2. 形容詞・冠詞・限定詞とは
  3. 一般的なルール
    • ルールの根拠は?


広告

概要: 名詞の分類

英語では、a cool Japanese guy とは言えるが、cool a Japanese guy とは言えない。a Japanese cool guy でも不自然に聞こえる。これは形容詞の順番にルールがあるためである。

ただし、これは絶対的なルールではなく単なる 一般的なパターン であり、話し手が強調したいことなどによって変わることにも注意しよう。


形容詞・冠詞・限定詞とは

ネットで形容詞の順番について調べるとたくさんのサイトがみつかるが、あるサイトでは冠詞 article を含んでいたり、限定詞 determiner という言葉を使っていたりして混乱を招く。まず、これらの品詞に関する用語を整理してみる。

オンライン Oxford Dictionary (2) では、品詞の定義は以下の通り。

形容詞 adjective

A word naming an attribute of a noun, such as sweet, red, or technical.

冠詞 article

The definite or indefinite article. See also determiner (sense 2).

限定詞 determiner

A modifying word that determines the kind of reference a noun or noun group has, for example a, the, every. See also article.

 

簡単に言うと 冠詞は a と the で、限定詞はそれに加えて every, all, my, your などと数 one, two... を含む ということになる。


広告

一般的なルール

  1. 限定詞は最初
  2. 形容詞は主観が先、客観が後
  3. 客観の中では以下の順
    1. size
    2. age
    3. shape
    4. color
    5. origin
    6. material
    7. nouns used as an adjective

さらに、限定詞の中では、冠詞が数よりも先にくる (3)。つまり two my daughters ではなく my two daughters である。

ルールの根拠は?

ネイティブは形容詞の並び方を言葉の響きで決める、とする別のページでの説明 (3)。自然だと考える順番は、以下のルールに従っている。


> 人や動物: 冠詞 → 数 → 美醜などの評価 → 大きさ → 老若 → 国籍。
  • "the six cool big young French men"
  • 数は限定詞、美醜が主観、以降が客観なので、上のルールと同じことを意味している。
  • 限定詞の中では、冠詞の方が数よりも先に来ることもわかる。

> 物:冠詞 → 数 → 美醜などの評価 → 新旧 → 大きさ → 形状 → 色 → 出所 → 材質
  • "the ten interesting old big square blue Italian metallic watches"
  • size と age の順番が、上のルールと違っている気がする。

and の使い方に関するルール

同じタイプの形容詞は" a black and white dress" のように and で繋げることができる (1)。このときは、and でなくコンマを使っても良い。a black, white dress.

違うタイプの形容詞は、and でも , でも繋げることができない (1)。"a long and black dress" ではなく、a long black dress のように続けることになる。


広告

コメント欄

一言コメントをどうぞ! (100 字まで)

フォーラムを作ったので、各ページにあるコメント欄のうち、コメントがついていないものは順次消していきます。今後はフォーラムをご利用下さい。管理人に直接質問したい場合は、下のバナーからブログへ移動してコメントをお願いします。


References

  1. はてな読み 英語における形容詞の順番について. 2009. Link.
  2. オンライン Oxford Dictionary. Link.
  3. Eigo with Luke. Link.